ミニマルでしあわせな暮らしのコツをシェア!

結婚式の見積もりを上手に取るコツ!最後に上がりすぎないためには?

結婚式の見積もりを有利にとるコツ

こんにちは!もえです。

 

結婚式は大きなライフイベント!結婚式というたった1日のためだけに、数百万という大きなお金が動きます。

誰でも最高に満足できる会場に決めたいですし、その上できる限りお得に済ませたいですよね。

どうしたらお得に契約できるの?

最終的に見積もりの二倍になったって聞くからなんか怖いなあ

という疑問や不安にこたえていく形で、満足な式場選びのコツをお伝えしていきます!

 

見積もりから上がりやすい項目を知り、契約する前にちょっと頑張るだけで、数十万のお金を節約することができますよ!

もえ

結婚式の見積もりを有利にとるコツは以下の3つです!

  1. 条件を明確にしよう!
  2. 本命会場には2回以上行こう!
  3. ”基本プラン”のワナに騙されないようにしよう!

 

私たちはブライダルフェアを6件回り、本命会場には3回行ってやっと契約しました

もえ

最初は試食につられてぼんやりしたイメージのまま行ってしまいましたが、効率が悪くて結構疲れました。。

 

私たちのようにあやふやなままブライダルフェアに行ってしまうより、ぜひ戦略を立てて回ることをオススメします!

たくさん回ったことで分かった、見積もりのコツと契約前に見るポイントをお伝えしていきます♪

 

 

コツ①条件を明確にしよう

誓いのキス

ブライダルフェアに行く前に、まずはパートナーと話し合って最低限の条件を明確にしてから行きましょう!

結婚式のイメージがふんわりしたまま、とりあえずブライダルフェアに行くカップルは多いと思います。

ですが条件が絞ってあればあるほど、見積もりと最終的な請求書の金額に乖離が生まれませんし、最初から有利な条件で値引き交渉ができます

プランナーさんもこちらの本気度を感じて、本気で割引や特典をつけてくれるかもしれません!

 

まず最低限決めていくべき条件は以下の3つです。

  • 挙式を行う時期
  • 招待客の人数
  • ざっくり予算

これらは必須です。見積書をそもそも作成できません。。

 

さらに詳細に決めておくとgoodな条件は以下です!

  • お色直しはする?
  • ムービーは流す?自作する?お願いする?
  • プロの司会をお願いする?
  • 写真はどうする?
  • 会場コーディネートにこだわりがある?

 

お色直しをする?

国内で結婚式をする場合はお色直しをする方が多いかもしれません。当然お色直しをすれば衣装代が単純に2倍になるのでかなり変わります。ぜひ事前に考えておいてくださいね。

私はお色直しなしで白オンリーでした。契約時からそのつもりでしたが、実際に打合せを始めるとカラーも着たくなってしまいますので要注意です!笑

 

ムービーを流す?自作?式場?

ムービーを流す場合、会場によってはプロジェクター使用料などが別途でかかる場合があります。

さらに結婚式で流すムービーにはオープニングムービープロフィールムービーエンドロールムービーなどがありますが、それぞれを式場でお願いするとかなり高額になります。

最近流行りの「撮って出しエンドロール」は10~15万くらいします!

もえ

得意な方は自作したほうが良いですし、最近はココナラでも格安で依頼できるようですよ!

 

司会はプロにお願いする?

披露宴の進行には司会が必要ですが、プロにお願いすると6~8万円くらいします。

プロ以外となると、知人友人にお願いするor式場スタッフにお願いすることになりますが、司会経験が豊富な方でないと正直グダグダな進行になってしまう可能性があります。。

ある程度場慣れしている式場スタッフがオススメですが、会場によってはお願いできないことや別料金がかかることがあります。

私たちは少人数だったので式場スタッフにお願いし、プランナーさん自ら司会してくれました!

もえ

 

写真はどうする?

写真撮影をプロのカメラマンにお願いするかどうかですが、「記念撮影のみ」「データ300カットをお渡し」「データお渡し&アルバム作成」など式場によって様々なプランがあります。

私たちはプロカメラマン撮影の400カットデータお渡しのみを選び、金額は85,000円でした!

もえ

出席者の中にカメラが得意な方がいれば、その方にお願いしても良いかもしれませんね!

最近は手軽にフォトブックが作成できるので、アルバムはお願いしなくても良いかな?と思います。

 

会場コーディネートにこだわりがある?

テーブルクロスナプキンの色を変更するだけでも追加料金になる場合があります。

もし会場コーディネートに理想があるのでしたら、見積もり作成時に伝えておいた方が良いです。

私はネイビー×ホワイト(アクセントにピンク)がテーマカラーでしたので、テーブルクロスをネイビーに、テーブルランナーをボーダーに変更しました

もえ

 

お花を撮った写真で分かりにくいですが、こんな感じです↓

テーブルコーディネート

ナプキンは@200~500円、クロスやランナーは@1,000~3,000円で変更可能でした!

 

ちなみにこのテーブルクロスとテーブルランナー代は特典で無料にしてもらいました

 

 

このように条件は具体的であればあるほど、確定金額との乖離が少なくなり、無料特典を付けてもらいやすいのです!

 

コツ②本命会場には2回以上行く覚悟で

結婚写真

ブライダルフェアを回っていると、「ここがいい・・・!」という本命会場に出会うと思います。

でも絶対にその場ですぐに契約しないでください!見落としてるところがあるかもですし、もっとお得になるかもしれません。

心得は「他会場の見積書が武器」だということです!

もえ

 

基本的には以下の手順でフェア巡りをすると、お得に契約できること間違いなしです。

  1. 会場Aで見積書を貰う
  2. 会場BでAの見積書を出し「同じ条件で見積もりください」という
  3. 会場CでBの見積書を出し・・(以下同文)

他会場の見積書を見せれば同じ条件で組んでくれるので楽ですし、必ず下回って見積もりを出してくれます※会場ランクが違いすぎると難しいですが・・・

こうしてなるべく安い見積書をもらい、

このあと別の会場見学を予約しているので、そちらを見てから考えたいです

と言って各会場を後にします。

基本的にはこの方法でフェア巡りをし、一番安い会場の見積書を持ってもう一度本命会場に行きましょう!

 

一度はお断りしている会場かもしれませんので、行く前には本命会場に

どうしてもそちらの会場が気になっていて、もう一度見学したいのですが・・・

もえ

と電話しましょう!

おそらく本命会場の担当者は「ぜったいに契約とるぞ!!!!」という心意気で待ってくれていると思います。笑

 

そこで最安の見積書を出し

ここと迷っています・・・金額以外は全部こちらが良いんですが・・・

もえ

と言い、最後の一押しが出るのを待ちましょう。

式場側としても数百万の契約を得られるなら、割引や特典を付けた方が良いはず。必ず何かしらの割引や特典を付けてくれるので、そこで契約します!

 

MEMO
ブライダルフェアを何件も回っていると、どの会場でも「一週間日付をおさえておきますので」と言われます。比較検討していることに変わりはないので罪悪感を持たずに予約して帰りましょう。

そして違うと思ったら早めにお断りしてくださいね!

ちなみに、フェアを予約するなら楽天ウェディングがおすすめです。行くだけで1会場あたり最大3,000円分のポイントが貰えます!

もえ


楽天ウェディング

 

 

コツ③基本プランのワナに騙されない

レストラン

会場によって見積もりの出し方や料金体系が異なるのは当然ですが、どの会場でもよくあるのが「〇〇プラン」「△△パック」「□□基本料金」という項目です。

最低限の衣装代や挙式料、お花、お料理など、みんなが必要な基本的な項目がセットになっているものです。

この「基本プラン」が適用になって見積書を作られることが多いですが、基本プランにはもちろん最低限の内容しか入っていません。

こちらも見積もりから金額が跳ね上がってしまうポイントです。

 

つまりプラン適用で出された見積書の金額に納得して契約しても、以下のような事態が発生するのです。

  • 基本のドレスだとシンプル過ぎるから、追加料金20万円
  • 基本の装花だと白で少なくて寂しいから、追加料金5万円
  • 基本のお料理コースだと量が少なくて物足りないから、追加料金@5千円×人数
  • 基本のドリンクだとお酒の種類が少ないから、追加料金@2千円×人数
ここに書いただけでも30万円くらいアップ・・・!怖いです。。

もえ

 

必ず契約前にプランナーさんに聞き、プラン内で選べる内容を詳しく確認させてもらいましょう!

ドレスやタキシードは実際に見せてもらうか、写真などで確認させてもらった方が良いです。

どうやら追加料金が発生しそうなら、最初から見積もりに入れておいてもらいましょう!

 

補足
結婚式でどうしても流したいBGMがある場合も契約前に聞いておきましょう!会場によって、使える曲に制限がある場合があります。限られた曲リストからしか選べない会場もあるそうですよ!
結婚式のブーケとブライダルシューズ 【結婚式準備】結婚式のBGM決め!予定なくても早めに考えておくのがおすすめ。

 

”人で選ぶ”もオススメです

ハートを持った熊

蛇足ですが、私たちは自分たちの結婚式の金額にも式場にも大満足しています!

上記のような手法で当初より20万近く金額を下げてもらいましたが、実は回った会場の中で一番金額が高い会場でした

都内の有名ホテルや某テーマパーク近くの会場で約50万円の見積もりを貰っていたのにも関わらず、約80万円の会場に決めたんです。

 

理由は「プランナーさんの対応や会場のサービスに感動したから」です。

どの会場よりもおもてなしとサービスが徹底されていて、私たちの無茶で曖昧な要望にも「すべて誠心誠意こたえたい」という姿勢を感じられたんです。

実際、契約前から挙式後まで不快な思いをすることは一切ありませんでした!

結局はプランナーさんの人柄と契約したということですね

 

「プランナーさんとの行き違いで嫌な思いをした」という口コミをよく見るので、”人で選ぶ”は最も失敗しない基準かもしれません。

 

まとめ

以上、結婚式の見積もりを有利にとるコツでした!

最後におさらいです。

  1. 条件を明確にしよう!
  2. 本命会場には2回以上行こう!
  3. ”基本プラン”のワナに騙されないようにしよう!

参考になれば嬉しいです!

 

フェアを予約するなら楽天ウェディングがおすすめです。行くだけで1会場あたり最大3,000円分のポイントが貰えます!私は貰ったポイントでドレスのサッシュリボン買いました♪

もえ



楽天ウェディング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください