ミニマルでしあわせな暮らしのコツをシェア!

海外挙式は何ヶ月前に予約する?安い時期と注意点

海外挙式は何ヶ月前に予約する?

こんにちは!もえです。

海外挙式をしたいけど何ヶ月前に予約したらいいんだろう?

少しでも安い時期がいいなぁ

という疑問やお悩みにこたえます!

 

私は2018年2月にハワイ挙式、5月に帰国後パーティーを行いました

もえ

海外挙式をしたい人が何ヶ月前までに挙式会場を予約すべきか?安い時期はいつか?についてまとめていきたいと思います。

 

先に結論を述べておきますと、希望時期の半年前を目安に予約しましょう!予約するには、旅行手配会社(HISやJTB)のウェディングカウンターへ行くのがおすすめです。

では以下で詳しく述べていきますね。

 

海外挙式は何ヶ月前から動き出すべき?

結婚式のブーケとブライダルシューズ

海外挙式の予約は何ヶ月前にすべきかというと、半年前が目安です。ほとんどの会場は挙式日の一年前から予約ができるので、一年前~半年前を目安に動き出すと良いです!

理由は早ければ早いほど、希望の日時の予約ができるからです。当然ですね。。

ゴールデンウィークやお盆の時期など、日本の連休時期は人気なので早めに埋まりやすいです。お休みが取りやすい時期なので仕方ないですよね。

 

予約が取りやすいのは日時だけでなく、衣装にも同じことが言えます。

提携先でも提携外でも、レンタルの人気ドレスは早く埋まってしまうことがあるのです。希望のドレスを選べるように、早め早めで動きましょう!

一年前から半年前であれば、日時も衣装もほぼ希望通りに予約ができます

 

もう一つメリットがあります。

早く予約すると「早期予約特典」が付くことが多いです。たとえばHISのザ・モアナチャペルなら、以下のような割引が入ります。

  • 270日前まで:衣装30,000円引き
  • 180日前まで:衣装20,000円引き
  • 90日前まで  :衣装10,000円引き

私たちの場合は上記に加えて、「衣装200,000円引き」の特典まで付きました。

おそらくキャンペーン等が上手くハマったのだと思います。時期によると思うので、旅行手配会社で確認してみてくださいね!

もえ

 

以上のように、希望時期の半年前を目安に動き出すのをオススメします。

 

海外挙式を安くできる時期は?

大雨のビーチ

時期にこだわりがなければ、人気がない時期を選べば安く挙式することができます。

人気がない時期は、雨季&日本の連休がない時期です。

 

たとえばハワイの場合、旅費の値段が高い時期は5月~9月です。ゴールデンウィークや夏休みの時期です。

特に値段が下がる時期は1月~2月。連休前後を除いて、ほとんど全日が最低料金です!

私も2月に挙式してきました~!

もえ

 

値段が安い代わりに、大きなデメリットがあります。雨季なので強い雨が降りやすく、天候は完全に運任せであることです

実際に私たちは滞在5泊中3日間くらい大雨でした。挙式当日は奇跡的に晴れたのですが、大雨の日に結婚式をしている方もいてかわいそうでした・・・。

 

そういうこともありますので、雨季に予約する方は「雨天再撮影保障」のオプション追加が必須になってくると思います。

MEMO
雨天再撮影保障とは、挙式当日雨天時のビーチ及びロケーション撮影の再撮影を行う保証のことです。アールイズウェディングの場合は25,000円です!

雨天保障が付いてはいますが、ビーチフォトは多少の小雨でも決行されてしまいます。曇天での撮影になってしまう可能性があり、後悔するかもしれません。

 

以上のように、雨季や連休のない時期を選べば安く挙式ができます。ですが運任せなところもありますので、よく考えて決めてくださいね!

 

まとめ

以上、海外挙式は何ヶ月前に予約すべき?安い時期と注意点についてでした!

少しでもお役に立てると嬉しいです。

海外挙式、楽しんできてくださいね♪

もえ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください