ミニマルでしあわせな暮らしのコツをシェア!

はてなからWordPressへ移行!移行前に準備しておきたいこと

はてなからワードプレスへ

こんにちは!もえです。

先日、このブログ「オレンジのガーベラ」は晴れてはてなブログからワードプレスへお引越ししました!

ブログの引越し作業は初めて行ったのですが、分からないことややっておけば良かったことがたくさんで、本当に大変でした。。

今後の備忘録として、簡単な手順やタスクを書いていきたいと思います。

 

ワードプレスへの移転理由

私がはてなブログからワードプレスへのブログ移転を決意した理由は、大きく以下の4点です。

  1. はてなproと維持費が変わらないのでは?と思ったから
  2. ブログにもっと力を入れたいと思ったから
  3. webデザインやプログラミングを学びたかったから
  4. SSL化した方が良いと知ったから

 

私ははてなproを月払いコースで利用していました。月額1,008円です。

ワードプレスで運営する場合、月額でかかってくる費用はサーバー代のみ。利用するプランにもよりますが、大体1,000円前後からありますよね。

維持費がそんなに変わらないなら、デザインや運営方法に縛りのないワードプレスへ早めに移行した方が良いのでは?と常々思っておりました。

 

とはいえ私はIT知識が皆無だったためずっと躊躇していました。でもいつかは必ず移行することになる・・・。記事が増えれば増えるほど移行作業が結構大変だということも考え、

「えーい!何事もやってみないと分からない!」

と、2018年5月17日の夕方に突然思い立ち実行に至りました。これを機に、webデザインやプログラミングについて学んでいけたらいいなと思っています!

 

はてなブログからワードプレスへ移転手順

困惑

私はIT関連の知識がほとんどなく、右も左も分からない状態でワードプレスへと突進してしまいました。

はてな ワードプレス 移行」で何十回と検索しました。笑

しかし自分と全く同じパターンや条件の人を見つけられず、本当に合っているか自信がないまま作業を進めるのが結構ストレスでした。

細かい手順は他のサイト様にお任せするとして、個人的に困ったことややっておけば良かった作業を記事に残しておけば、いつか同じような初心者の方のお役に立てるかもしれない・・・と思い、簡単に手順を書いていきます!

まずは私の条件を書いておきます。

  • はてなブログproで独自ドメイン使用
  • ドメインは「お名前.com」で取得
  • ワードプレスでのサーバーは「エックスサーバー」を使用する
  • ワードプレスでのテーマは「SANGO」を使用する
  • 移転時の記事数は68記事

同じような状況の初心者の方の参考になりますように!

事前準備&やっておけばよかったこと

はてなから記事をエクスポートする前に、というか普段記事を書くときから「やっておけば良かった・・・!」と思ったことを書いておきます。

  • 画像の整理
  • 見出しの修正(h3→h2、h4→h3・・)
  • 目次を消す
  • Amazon、楽天リンクを「カエレバ・ヨメレバ」へ変更

 

画像の整理

はてなブログ時代の記事に使っている画像は、ワードプレスにも再度アップする必要があります。

私はブログにアップしたらすぐPC上から消しちゃうクセがありまして、自分のブログ記事上から再度「画像保存→ワードプレスに追加」という初心者っぽいことをやる羽目になりました。一気にDLして一気に追加する方法もあるようですが、私は画像数が少なく「こうなったら全部イチから綺麗に整理してやる」と燃えてしまったため、このような方法になりました。

とにかく普段の記事作成時点から、フォルダ分けして整理しておけば面倒にならず良かったなと思います。

 

見出しの修正

見出しは「大見出し=h2」、「中見出し=h3」、「小見出し=h4」・・・と使われるのが通常です。

しかしはてなブログでは何故か「大見出し=h3」、「中見出し=h4」、「小見出し=h5」・・・と一つずつずれているのですよね。(記事ページのソース見るとブログディスクリプション?にh2を使用しているようなので、そのせいなのでしょうか?)

h2が抜けてしまっているとSEO的に良くないのだとか。

なので私は出来る限りはてなブログで更新中から修正していました。最初のほうの記事は出来ていなかったので、移行後にワードプレス側で修正していってます。大変です・・・。

できる方は事前に全てやっておきましょう。私のように中途半端になると、「置換を使って一気にやる」方法すら使えなくて困ったことになります。

 

目次を消す

はてなブログの便利な機能、「目次」。私は多用しておりました。

はてなブログ目次

ですが、記事をエクスポートする際にできる限り全記事から消した方が良いようです。

ワードプレスにはただのリンクとしてインポートされ、ワードプレス側の目次機能とは別ものであるため結局消す必要があります。

記事移行後にリンク形式の目次を消すより、[:contents]という11文字だけを消すほうがはるかに楽だと思います。この情報は移行前に目にすることが無かったので盲点でした。

 

ヨメレバ(カエレバ)を使用する

これははてなブログで更新中から使っておけばよかったものです。

私はAmazonや楽天の商品を紹介するとき、はてなの編集サイドバーから追加していました。簡単で便利だったので!

はてな編集サイドバー

ですが、いざワードプレスへ記事を移行してみると全部表示が崩れまくっていて・・・。

結局すべてヨメレバに置き換えていく作業を行っています。面倒がらずに最初からやっておけば良かったです!

参考 ヨメレバヨメレバ

 

以上がはてなブログからワードプレスへ移転する際の事前準備&やっておけばよかったことでした。

次から実際の移転作業手順です!

①サーバーを契約する

サーバー

まずはサーバーを用意することから始めます!

サーバーは様々な会社がありますが、どのブログでもオススメされているのが「エックスサーバー」でした。多少お値段が高いのですが品質は信頼でき、使用している方が多いです。私ももちろんエックスサーバーにしました。

エックスサーバー公式サイトへ

 

プランはX10プランで、まずは三ヶ月分をお支払いしました!初期費用3,000円、月額1,200円×3か月分 で6,600円(税抜)でした。

MEMO

エックスサーバーは2018年6月1日~6月13日の期間限定で、『サーバー初期設定費用半額キャンペーン』を実施しているようです。上記の「初期費用3,000円」のところが1,500円になります!もう少し待っていればよかった・・・/(^o^)\

※現在このキャンペーンは終了しています。

 

ちなみに、A8.netセルフバックを使用しました!3,000円弱が報酬として入りますので、初期費用分はペイできると思うと安いです。

A8.net公式サイトへ

 

MEMO

A8.netとはアフィリエイトのサービスを提供する会社のことです。自分のブログを登録すれば、自分で自分の広告から買う=セルフバックを利用できとってもお得です!

②サーバーにワードプレスをインストール

エックスサーバーの契約・支払いまで完了したら、使用するドメインを指定しサーバーにワードプレスをインストールします。

恥ずかしながら私、ワードプレスってPC自体にソフトのようなものをインストールするのかと思っていました。恥

どういったシステムか全く理解していなかったのですが、サーバーにインストールさえすれば、「ブラウザ上でログインしてブログを書く」という手順は他の無料ブログと同じなのですね!

難しく考えすぎていたような気もします。

③ドメインをサーバーに紐づけ

続きまして、使用しているドメインをエックスサーバーに紐づける作業を行います。

現在は「このドメインははてなブログで使いますよ」という設定になっているので、「このドメインはエックスサーバーで使用します」に変える作業、ということですね。

私はお名前.comでドメインを取得したので、「ドメインNavi」というページで作業を行いました。いろいろな記事を見させていただき、見よう見まねでなんとか完了。

 

この作業が一番ちんぷんかんぷんでした!初心者からすると専門用語炸裂の世界ですね。こちらの記事を参考にさせていただきました!ありがとうございました。

参考 はてなブログからWordPressへ引っ越し! 最新の移行手順をまとめる(エックスサーバー編)さかめも

反映まで時間がかかる場合があるようですが、私の場合はなぜか数十分で表示されました!

 

④はてなから記事をエクスポート、WPへインポート

反映を待っている間に、はてなブログから記事をエクスポートしてきます。手順はとても簡単で、テキストファイルがDLされます。

そのファイルをワードプレスへ取り込むのですが、のっけから「プラグイン」を使用しなければなりません。ワードプレスの仕組みもよくわかってないのに・・・プラグインって何なのよ?!と思ったのですが、ワードプレス意外にも直感的に使えるため、簡単にできました。

Movable Type・TypePad インポートツール」というプラグインを追加し、記事をインポートするのみで完了します。先ほどの記事にも細かい手順が記載されていましたのでご参考ください!

⑤魔のパーマリンク設定

パソコン

パーマリンク設定については、私の失敗例しかご紹介できませんぜひ他の記事を調べて行ってくださいね!

記事のURLが途中で変わってしまうと記事のSEO評価がリセットされてしまうので、できる限り変えたくありません。(私はこの失敗を何度もやってしまい、精神消耗するので本当に懲り懲りです)

 

いくつかの記事を拝見したところ、パーマリンク設定は以下の2つに分岐するようです。

  • カスタムURLを使用→カスタム構造(/entry/%postname%/)
  • デフォルトのURL→カスタム構造(/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%%minute%%second%)

私は途中からカスタムURLを使用し始めたため、どちらのパターンも存在しているという中途半端な状況・・・。とりあえずカスタム構造(/entry/%postname%/)を選択してみました。その結果は以下でした。

  • カスタムURLの記事→変更なしでOK
  • デフォルトURLの記事→「entry/2018-05-01-120000/」になった

ワードプレスはそのままだとスラッシュが入らない仕組みらしく、スラッシュだった部分がハイフンに変わってしまいました。以前のURLと同じとなるように、スラッシュを入力できるプラグインを入れて書き換えをしていきます。記事一つ一つの編集画面を開き、手で修正していきました。

これでなんとか山場は超えた・・・と思っていたんですが、二日後にアナリティクスを見ていて気付いてしまいました。

はてなブログでのURL:entry/2018/05/01/120000 ※このURLから変えたくない

 

移行直後のURL:entry/2018-05-01-120000/

 

手修正後のURL:entry/2018/05/01/120000/

最後のスラッシュを見落としてるううぅ・・・・・

 

パーマリンク関係で失敗しすぎていて、今回も本当に凹みました。もう逆手にとって、パーマリンク失敗の記事まとめようかな・・・。

とりあえず、すぐにリダイレクトのプラグインを入れて、また手修正しました・・・。これが正しい処置なのかも分かっていません。ぜひ反面教師にしてください。

⑥テーマを購入、初期設定

移転後しばらくは無料のテーマで頑張ってみようかなと思っていたのですが、結局有料テーマにしました。

導入するだけで洗練されたデザインになりますし、細やかなサポートがあるので、結果的に早く導入して良かったと思います!

私が購入したテーマはSANGOです。以前からサルワカというサイトのファンでして、有料テーマを導入するなら絶対にSANGOにしよう!と思っておりました。

SANGOの価格は10,800円。サーバー代7,000円と合わせて、ブログに初期投資で17,000円もかけるなんて初めてで清水の舞台から飛び降りるような気持ちです。でも全く後悔してません。大満足!

参考 WordPressテーマ「SANGO」29の魅力SANGO 参考 サルワカサルワカ

 

⑦記事内容を手修正

最後に、移行してきた記事の中身を修正します。

内部リンクはすべて崩れてしまっているので、全記事を一つ一つ編集して修正しました。そのままでもリンクは生きているようなのですが、テーマのショートコードで統一した方が断然見た目が良いです。せっかく美しいデザインを有料で買ったわけなので、辛抱強くやるしかない、と思い実行しています。

その他にも、冒頭に書いたとおり私は移行後の作業が膨大にありました。再度行った作業を列挙しておきます。

  • 画像を整理しつつワードプレスへ追加
  • 目次リンクを消去
  • 見出しを修正
  • Amazon・楽天リンクをカエレバヨメレバへ変更
  • 内部リンクを修正
  • カテゴリの見直し

これらを一つ一つ記事を編集しつつ行います。私の場合、1記事あたり15分~20分かかりました。

ということは、68記事あったので15分×68記事=17時間。少なく見積もって17時間かかったわけですね・・・。

サーバー契約やテーマ初期設定などの諸々時間を含めると、今回のブログ移行に要した時間は20時間ほどということになります。この他にも、グローバルナビゲーション設置やプロフィールページの作成も必要です。ブログ移行作業は早くすればするほど良い、と言われている理由がよくわかりました。

まとめ

以上、はてなブログからワードプレスへの移行作業についてでした!

ブログの移行は本当に途方もない作業でしたが、大変さよりも楽しさの方が大きく感じられました。「何かを生み出す」ってすごく楽しいんですね!徐々にブログを書くことの楽しさを知りつつあります。

今後もたのしくブログ運営をしていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.