ミニマルでしあわせな暮らしのコツをシェア!

2人だけの海外挙式!費用だけじゃないオススメの理由4つ

2人だけ海外挙式のススメ

 

こんにちは!もえです。

最近周囲やインスタグラム等のSNSを見ていると、海外挙式をする人たちがものすごーく増えていますね!

 

そんな中で私がオススメするのは、家族も呼ばない2人だけの海外挙式

この記事では、二人きりの海外挙式がオススメな理由や費用、疑問点について書きました。

二人で海外挙式するのって費用はどれくらい?

二人だけで結婚式って寂しくないの?

という疑問にお答えしていきます!

 

かくいう私も2018年2月にハワイにて二人挙式をしてきました。

控えめに言って最高でした・・・!参考になると嬉しいです。

 

二人だけの海外挙式がおすすめな理由

指輪交換

海外挙式をする人たちは増えてきましたが、”二人っきりで”という人はまだまだ少ないようです。

私たちも実際に挙式するまでは不安だったので、”二人で”を考えている方の背中を押せたらいいなと思います。

本当に最高なので心から!おすすめですよ!!

 

①新婚旅行も兼ねているから安い!

乾杯グラス

新婚旅行も兼ねているから安い!なんと言ってもこれです。

従来定番だった国内結婚式+新婚旅行を行うとすると、おそらくこうなりますよね。

結婚式350万円(-ご祝儀150万円)+新婚旅行100万円=300万円

ご祝儀を加味しても、大体300万円くらいはかかると考えられます。

 

ところが二人だけで海外挙式となると、こうです。

挙式+新婚旅行=170万円

ご祝儀は貰えなくても、自腹費用は170万円で済むのです!

 

そこで「海外挙式安い!」となって、そこにゲストを呼ぶとします。

すると人数にもよりますが、少なくとも+50万円はかかります。(ゲストの食事代や装花等が上乗せされていくため)

その上ゲストにも旅行代を負担して来てもらうことになり、全体で見るとかなりの高費用になってしまうのです。

それなら二人海外挙式+帰国後パーティーの方が断然お得なんです。

帰国後パーティーはどこの会社に任せるかで変わってきますが、有名なところだと以下の費用だけで済みます。

  • 私たち:5万円
  • ゲスト:会費(1,5~2万円)のみ

私たちはびっくりするくらい少額の費用だけですし、ゲストもご祝儀より少ない会費のみです。帰国後パーティーについては、この記事の最後のほうで詳しく書いていくので興味がある方はぜひ見てみてくださいね。

 

②準備はほとんどナシ。超ラク!

結婚披露宴

ゲストを呼べば呼ぶほど、結婚式の準備はとても大変になります。

たとえば国内で結婚式を行うとなると、打合せで何度も式場に出向き、ペーパーアイテムや装飾小物を準備し、プロフィールムービーの作成をし、、、と結婚式の準備だけで膨大な時間と体力を使います

楽しい忙しさではあるのですが、些細なことで彼と喧嘩になってしまうことも。

海外挙式であれば、そういった準備をする必要はほとんどありません!

持っていけるアイテムに限りがありますし、海外ではシンプルでカジュアルな結婚式がほとんど。二人きりのゲストなしであればなおさら何の準備もいりません

実際私たちも打合せは1回(オプションやお料理を決めただけ)、あとは出発するだけでした!

 

③二人っきりだから恥ずかしくない!

誓いのキス

二人だけでやりたい、と考える方はこちらも理由のひとつかもしれません。

私たちが「二人だけ海外挙式+家族だけ帰国後パーティー」という形を選んだ理由は以下でした。

  • 結婚式に職場の人を呼びたくない、恥ずかしい
  • 友達も呼ぶほどたくさんいない・・・
  • たくさんの人に注目されるなんて恥ずかしい
  • 実家がペットを飼っているから海外旅行は難しい
  • 仕事などを考えて両家全員のスケジュールを合わせるのは難しい

 

海外挙式なら、職場の人にも「海外でやるので」という完璧なお断り文句ができます。

また”チャペルに入場して愛を誓う”一連の動作や、披露宴でのゲストへの挨拶って結構緊張するんですよね。

2人きりだと間違えてクスクス笑いながらでも大丈夫だし、披露宴も2人で美味しいゴハンを食べてるだけなのでずーっと楽しかったです。

バージンロードを二人で歩くのも新鮮で良かったですよ

 

④ウェディングフォト撮影を存分に楽しめる!

ハワイビーチフォト

最近海外挙式をする人が増えているのは、「ウェディングビーチフォト」に憧れる方が多いからではないでしょうか?

青い空青い海真っ白な砂浜をバックにウェディングドレスとタキシード。

めちゃくちゃ映えるし素敵ですよね!海外ならビーチフォトはもちろん普通の街中でも映える背景になりますよね。私はハワイのモアナサーフライダー階段で撮るのが憧れでした・・・!

 

ビーチフォトツアーはリムジンに乗って遠方の人が少ないビーチへ行き撮影するので、結構時間がかかります。

私たちのフォトツアーは、朝からお仕度してビーチへ移動、また帰ってきて館内撮影、ヘアメイクを直して・・・で約6時間ほどかかり、やっと挙式でした。

その間、ゲストは放置することになります

もし私たちがゲストを呼んでいたら、気になって存分に楽しめなかったと思います。二人きり挙式ならそんなことは気にせずとっても楽しめますよ!

 

二人きり海外挙式の疑問に答えます!

結婚写真

2人だけで海外挙式。興味があるけど不安がある、という方は多いと思います。

私たちも決めるまでは不安だったので、よくある疑問点にこたえていきます!

疑問①:二人だけで結婚式ってアリ?

二人だけで挙式ってあり?

この疑問、よくわかります!

私たちも決める前は「2人きりでやってもいいのかな・・・?」「寂しいって思われるのかな?」と思っていました。どこかへ相談に行くたび、恐る恐る質問したのを覚えています。

 

マイナビウェディングさんもHISの担当さんもアールイズの担当さんも、「大アリですよ!たまにいらっしゃいます!」とのお答えでしたよ!

 

ハワイ現地のスタッフさんも2人きり挙式に慣れているようでしたし、私たちだけに集中してケアしてくれるので逆に良かったなと思っています。

 

疑問②:海外には呼べないけどお披露目しないのは寂しい

帰国後パーティー

海外挙式は交通費を負担してもらうことになるので気軽にはゲストを呼べない。

けれど家族や親しい友人だけにはお披露目や報告会をしたいな・・・。

そういう方は多いと思います。

 

冒頭でも書きましたが、最近よくあるパターンで私たちも実際にやったのが海外挙式+帰国後パーティーです。

披露宴まではいかないけれど、少しドレスアップしてレストランなどの会場でお披露目パーティーをする、というスタイルです。披露宴よりはカジュアルだけど2次会ほどはっちゃけた雰囲気ではない、1.5次会ともいわれています。

 

私たちも帰国後に家族だけでパーティーを行う予定です。追記:2018年5月に無事終わりました!

ハワイ挙式の素敵な写真をたくさん飾ってみてもらったり、スライドショーのムービーにして流したり。海外挙式には呼べなかった両親たちも喜んでくれたので、本当にやって良かったです。

ハワイと帰国後で二度も結婚式ができた感覚なので、最小限の費用で最大限に結婚式を楽しむことができました

 

帰国後パーティーを運営する会社はいくつかありますが、私たちもお話を聞いて特に良いな~と思ったのは会費婚さんです。HISウェディングデスクと提携しているのか、海外挙式の契約でHISへ伺った際にその場で打合せができました。

 

会費婚では、ゲストにはご祝儀ではなく会費で参加いただくスタイルをとっています。

私たちの自己負担は5万円で、お料理はもちろんウェディングケーキや司会者、カメラマンまで入っているんですよ!プランに入っている特典を並べてみますね。

  • 料理・飲み物
  • ウェディングケーキ
  • 新郎新婦控室
  • 専属プランナー
  • カメラマン
  • 音響オペレーション
  • 司会者
  • 介添え
  • ヘアメイク
  • 装花・ブーケ・ブートニア
  • プチギフト
  • 芳名帳
  • 宴内人前式
  • 結婚証明書
  • ウェルカムボード
  • 招待状・席次表・席札

プラン内にたくさん入りすぎじゃないですか?!結婚式では司会者の費用だけで7万円とかザラなのでめちゃくちゃお得ですよね。

 

プラン内に入っていなくてあと必要なのは衣装だけです。ウェディングドレスを購入していればもう一度着れますし、楽天でお安いウェディングドレスを買うのも良いですよね!

少しカジュアルにミニドレスにしてもかわいいし・・・!ワクワク!

 

 

 

要望に合わせて柔軟にご対応いただけるので、帰国後パーティーをお考えの方はぜひ一度相談に行ってみてくださいね!

私たちも予算や規模感、会場の雰囲気などワガママ言ってみましたがいろいろ提案してもらえました!



\ 公式サイトを見てみる! /

会費婚

 

 

まとめ

以上、2人きり海外挙式のススメ でした!いかがでしたでしょうか?

私たちは2人だけで海外挙式をしている人が周りにいなくてとても不安でした。けれどもやってみるとものすごーく良くて・・・!これからの時代に合ってる結婚式の方法なのでは?と思ってまとめてみました。

「興味があるけど不安」という方に少しでも役に立つと嬉しいです

 

おすすめ関連記事

愛の言語 円満な夫婦・恋人関係のコツは「愛の言語」を理解すること