ミニマルでしあわせな暮らしのコツをシェア!

やる気が出ないときの対処法3選。

やる気が出ないときの対処法

 

こんにちは!もえです。

あなたは「やらなきゃいけないことがあるのにどうしてもやる気が出ない・・・」という経験はありませんか?

 

私はたくさんあります・・・。それでも、「3月ブログ毎日更新」という目標は達成できそうなんです!

 

やらなきゃと分かっているけれど身体が動かない。もう少しだけ横になっていたい。そうして気付けば夕方・・・。

そんな”やる気が出ないとき”にどのように対処し、結果として目標を達成するのに有効だった方法をまとめてみました。

パソコンとお花とカメラ 【目標振り返り】2018/3月。目標の振返りをします

やる気が出ないときの対処法3選

あ、今日はあそこの掃除をしなきゃ。そろそろ晩ごはんの仕度を始めなくちゃ。明日のブログの記事を書かなくちゃ。勉強したいしやらなくちゃ。でもまだ動きたくない。もう少ししたらやるから・・・。

これ、私のよくある思考です。

先延ばしにしても良いことがないことは分かっているんです。

ぎりぎりに始めて良かったことなんて一度もないし、なんなら早く終わらしておけば良かったと思うことばかりですよね。こうしてモヤモヤした気持ちのままダラダラしてる方が身体に悪い気がします。そう分かっているけれど動きたくない。

もしかしたら私ほど重度のやる気出ない病の人いないのでは?と心配になるほど、自分の動かなさにはうんざりするんですよね。

そんな時、なんとか自分を動かすためにやっていて効果がある方法を書いていきます!

①自分の「やる気スイッチ」を知っておく

みなさんは自分のやる気スイッチになるもの、把握していますか?

私のやる気スイッチはもっぱら本です

その本を読むと自然とやる気が出てきて、「よし!」と立ち上がりやすくなるんです。なるべくそんな本を近くに置いておき、自分を奮い立たせたい時に読むようにしています

やる気スイッチ本は分野によっていくつかあります。

例えば、家事のやる気が出ないときは好きな家事の本を読みます。丁寧な暮らし系の本で、台所仕事の写真がたくさん載っている本はかなりやる気が出ますね!または有名な「フランス人は10着しか服を持たない」の本。毎日丁寧に暮らすフランス人一家の生活は、自分の憧れの生活とは何だったかを思い出させてくれます。

勉強なら、先日記事にした山口真由さんの本です!

あの勉強への熱量にあてられると、私は一体何やってるの・・・?という気持ちになってきます。
7回読み勉強法 【7回読み勉強法まとめ】山口真由さんの誰でもできる完全独学勉強術

②とりあえず1/100だけ動いてあげる

この、上から目線の気持ちが大事なんです。

やらなきゃいけないことのうち、1/100にあたることだけやったら合格。そう自分に言ってあげるのです。

例えば家事なら「今日は床掃除とお風呂掃除とトイレ掃除の日だけど、お風呂の排水口ごみだけ取ったら合格」とか。ブログなら「コーヒー淹れてPC開いたら終わってよし」とか。

はじめの一歩のハードルをものすごく低くするんです。そうすると「それくらいならできそうだしやってあげるか・・・」と立ち上がりやすい。

たとえ1/100しかやらないつもりでも、作業を始めてしまえばこっちのものです。いわゆる作業興奮が起きて手が止まらなくなります。人間は始める時と止まる時が一番エネルギーがいるのです。始めてしまえば、その作業をやめる方が難しい!

やる気なしマックスの日、この方法でなんとか書き上げた記事がこちらです。自分比だけれど、普段よりわかりやすくまとめられた気がしています。

本を読む女の子 【感想】web文章の書き方入門教室/志鎌真奈美

③思い切って何もしない

上記二つの方法を使っても、どうしても動けないときがあります。

それはおそらく本当に疲れていて、身体が休息を求めているんだと私は判断します。それなら、「今日は休む日」と決めて思いっきり休みます。動けない自分にモヤモヤしない!

掃除は明日すれば良いし、晩ごはんは夫に買ってきてもらえば良い。ブログ更新できない日があったとしても誰も怒らない。勉強はそんな日にしても頭に入らない。

それに一度思いっきり休んでしまうと、今度は休むことに飽きて動きたくなってくるんですよね。毎日なんとか奮い立たせて動くよりも、効率が良いかもしれないです!

番外編:目標を公開する

少し違う解決方法だけれど、目標を人目につく場所で公開すると動く原動力になる場合があります。

たとえば私の場合、「3月は30記事更新する」という目標を公開しました。おかげで「やらなきゃ目標が達成できない・・・」「昨日までの苦労が水の泡・・・」という、なかば意地のような気持ちに背中を押されて動けた日がたくさんありました。

数年前、Twitterで毎月目標を公開してピン止めしていた時期があったんです。今思えばその頃の目標達成率はかなり高く、面倒くさいタスクもばんばんこなせていました。Twitterに「これ達成した!」と書くことがご褒美のような感覚でした。承認欲求のおかげで動けるのかな?と思っています。

まとめ

以上、私のやる気が出ないときの対処法でした。

  1. やる気スイッチを用意しておく
  2. 1/100だけ動いてあげる
  3. 思い切って何もしない

いかがでしたでしょうか?あなたはどうしていますか?

自分をコントロールする方法はいろいろあるけれど、何より習慣化することが一番の早道だと思います。

毎日歯磨きをするように、やるのが当たり前で、苦じゃないという感覚。

家事やブログ、ランニング、筋トレなど、”ハミガキ化”したいことがたくさんあるので、研究していきたいです。

以上、どこかの誰かの役に立つと幸いです!

おすすめ関連記事

目覚まし時計 早起きのコツは3つだけ!朝活のススメ