ミニマルでしあわせな暮らしのコツをシェア!

防寒着について再考してみた。裏起毛グッズはお洒落したいOLの味方

冬

 

こんにちは!もえです。

毎日本当に寒いですね。

寒さには耐えるしかない、と思っていたんですが、工夫すればもう少し和らぐのでは?と思い立ち防寒着について再考してみました。

まずは私の以前の標準装備をおさらい。

私の標準装備はこのような感じでした。

インナー:通常版ヒートテック

トップス:厚手ニット。

ボトムス:基本的にスカート。オールシーズンもの多め。

タイツ :通常の80デニール黒タイツ。

靴   :基本的にパンプス、時々ロングブーツ。

アウター:ウール90%の厚手ノーカラー膝上丈コート。

小物  :カシミヤ100%マフラー、革の手袋。

アウターのコートに関しては結構拘って、2年前に購入したものです。

暖かさ、質の良さにこだわったので、もうこれ以上のあったかアップデートはないと思っていたんです。

でも、ありました。まだまだあったかアップデートポイントが!

少しの工夫で昨日より暖かくなれる3つの方法

ではどんな工夫をすれば温かくなれるのでしょうか?

3つの方法をご紹介していきます。

①裏起毛を取り入れる

裏起毛素材は数年前からメジャーになりました。

裏起毛タイツが有名ですが、今はいろいろな裏起毛アイテムが出ていますね!

ヒートテック

ヒートテック

インナーを極暖ヒートテックへアップデート。

1.5倍暖かいとのことだけど、1.5倍暖かくなったところでねえ・・・?と思っていた私。

実際に生地を触ってみると、極暖のほうは通常版の2-3倍分厚く感じ、且つ肌に触れるほうは裏起毛で触れてるだけであったか・・・!

いや1.5倍どころか2倍くらいは暖かいのでは?と思いました。

特に寒い日は、極暖+通常版を二枚重ねて着る。体感温度かなり違います!

タイツ

そしてタイツを裏起毛160デニールへアップデート。

裏起毛タイツは数年前から愛用していますが、やっぱりこれがないと九州女児の私は東京の冬を越せないです。

私の一番お気に入りはダークエンジェルさんの裏起毛タイツ。

他店のものは毛羽立ちやすかったり、ほつれやすかったりするけれど、ダークエンジェルさんのは翌年も使える程質が良いです・・・!

一分丈タイツ

そしてもう一つ。裏起毛一分丈タイツも購入してみました。

裏起毛タイツ

私はたまにスカート+ロングブーツという装備で通勤するのですが、わりと細身のロングブーツだと裏起毛タイツはチャックがしまらないんです・・・。(私だけ?)

なのでロングブーツの日は仕方なく通常のタイツで通勤していました。

けれどスカートがスースーしちゃって本当に寒いんです。

ワンピースだとお腹まで冷えてしまいます。

 

そんな時用に一分丈の裏起毛パンツ。毛糸のパンツと迷ったのですが、万が一パンチラしてしまった時のために黒無地のこちらで。。

思惑通り、暖かいです!

これら裏起毛インナーたちの投入だけで、体感あったか度は3割増しになりました!

②マフラー、手袋、そしてフード

マフラーや手袋を装備するのはもはや当たり前で、あなたもきっと使っているでしょう。

もしも使用していないのでしたら、その二つを装備するだけでかなり変わります。

マフラー手袋

マフラーも手袋もつけているけれど、朝5時に外を歩いていると、とにかく顔が寒いです。

耳も痛い。もう目出し帽で通勤したい。

耳当ても検討しましたが、荷物が増えるのは嫌なんです。小さいバッグで通勤したい。

そこでコートのフードをかぶることをおすすめします。

めちゃくちゃ怪しい人になるのですが、そのあったかさを知るとやめられません!

フードのおかげで後ろ・左右からの風を防げるため、耳だけでなく顔全部あったかくなるのです!

こんな小技たちも駆使すれば体感あったか度はかなりアップします!

③生地の質に徹底的にこだわる

当たり前ですが、大事なことです!それが生地の質です。

それはもう、徹底的にこだわるべきだと思います。特にコート(☓ダウン)。

夫がいつも寒い寒い言ってたので、持っているコートをすべてひっくり返してタグを確認してもらったんです。

ほとんどのコートの生地にポリエステルが50%以上使用されていたのです・・・!

そんなの、寒いに決まってますよね・・・。

夫は別に安いコートばかり使っていたわけではありません。

大勢の人が利用している有名セレクトショップで、値段帯もそこそこのものばかりです。

つまり、同じブランド、同じ価格帯のコートであっても、生地がまったく異なることが多数あるのです。

そこまで生地に詳しいわけではない私ですが、コートを購入するときの指針は「最低でも毛70%以上」ということにしています。

夫はこの冬、カシミヤ5%毛70%その他諸々のコートを購入して、体感温度の違いに感動しているみたいです。

コートを購入する機会がある方は、ぜひ詳しいサイトや店員さんに聞いてコスパの良いコートを選んでみてくださいね!

まとめ

寒い冬だけど、いつもの装備を裏起毛素材にするだけでとっても暖かくなりました。

今回わたしは総額2,300円ほどの投資で体感あったか度は30%程アップ!

この他にも、

  • 手袋を裏起毛verウールのものに変更する
  • ウルトラライトダウンをコート下に着る

など、まだまだ他にもできる対策はありそうです。

コスパ良くプチアップデートを繰り返して寒い冬を乗り切りましょう!

おすすめ関連記事

おしゃれバッグ 【20代女ミニマリスト】普通女子に擬態する為の最低限クローゼットの作り方 ミニマリストクローゼット 【20代女ミニマリスト】ウォークインクローゼットの中を全公開